ØMQガイドブック(日本語版)


ZeroMQの公式かつ唯一の入門本、「ØMQ - The Guide」を和訳しました。

ZeroMQを使ってアプリケーションを書いたのは数年ほど前なんだけど、その時この本が大変役立ったので、翻訳していました。

全8章中4章まで訳して力尽きてしまいましたが、ここまででZMQの基本は十分抑えられると思います。

この本は一応、ZeroMQの入門書という体裁になっていますが、もっと一般的なメッセージングシステムの設計方法を学べるように書かれています。 マルチスレッドプログラミングおよびネットワークプログラミングで起こる一般的な問題の解決方法や、分散アプリケーションの設計方法などを学ぶことが出来ます。

たとえば、P2Pアプリケーションや分散ハッシュテーブルなどの基盤を実装したいと考えている方にもオススメの本です。

一番面白かったのは8章で、分散コンピューティングフレームワークを実装する上での現実的な問題を取り扱っています。これを読みたい人は原書を読んでください。

ØMQガイドブック

ダウンロード

誤訳などあれば @hamano まで

ソースはこちら:

https://github.com/hamano/zguide-ja